【保活】保育園の見学準備!いつから始めればいい?保活は妊娠中から?【完全保存版質問リスト】

最近は妊娠中から!保活を始めるタイミング

保活を始めるタイミングは、赤ちゃんの誕生月やママが仕事復帰する時期によって異なります。

認可保育園の場合、次年度の春に入園を希望する人の募集は10月~11月頃に始まる自治体が多いです。

つまり、保活はそれよりも早く始めておかなければなりません。

特に子供が0歳の段階で仕事復帰や入園を考えている場合には、体調の許すかぎり妊娠中から始めておきたいところです。

また保活は、役所や保育園に足を運ばなければならず、想像以上に時間も体力も使います。

そのため子供が産まれて育児が始まってからでは、なかなか思うように進められないこともあるます。

育休をじっくり取って、子供が1歳になってからの入園を考えている場合でも、妊娠中から情報収集などを始めるといいでしょう。

まず、何から始めればいい?

母子手帳を貰うために市役所、区役所に行くタイミングがありますよね?

その足で保育園・保育所を担当している課(保育課等)に行き、認可・認可外・保育所・保育室等の情報を教えてもらうのもおススメです。

お仕事で忙しければ、産休に入ってからでも遅くはないと思います。

市役所・区役所へ行って、倍率や、就労形態によっての可否なども教えてもらうといいですよ!

保活の疑問!1歳入園は厳しい?早生まれは損なの?

0歳入園が最も入りやすい理由!1歳入園はなぜ厳しいの?

保育園は子どもの年齢別にクラス分けがされ、毎年4月に、0歳児クラスの子どもたちが1歳児クラスに進級すると、0歳児クラスは定員分空きます。

一方、1歳児クラスは、すでに在園中の0歳児が進級し空き枠が少なくなる傾向にあります。

育休も子が1歳になる日までですよね。
1歳になるまではと考えてるママも多いので、1歳での入園は激戦となりやすいのです。

早生まれの子どもは不利?

早生まれの子どもの保育園入園時期は通常翌年4月、子どもが1歳のときです。

1歳児クラスへの入園は高倍率であるばかりでなく、0歳児クラスへの入園を目指そうにも生後6ヶ月未満の子どもが入園できる保育園が限られていることから保活では不利とされています。

実は10月生まれの子どもも不利?

認可保育園の入園申込期間は通常10月~12月です。

産前・産後(産褥期)の時期に、見学をはじめ、役所への手続きを行うのは肉体的・精神的にも厳しいと感じる方も多いようです。

また早生まれと同様、生後6ヶ月未満の子どもを受入できる保育園が限られている、という点でも、不利と言われています。

途中入園は可能?

基本的に保育園では「誰かが保育園を辞めて、空きが出た」以外には、保育園に入れるタイミングはありません。

保育園が新設されたり、働き手である保育士を確保したことによる受け皿が拡張されることも考えられますが、4月入園が一般的です。

保活、実際はいつから始めれば間に合う?

認可保育所の4月入園を目指す場合

4月、5月、6月、7月、8月、9月、10月生まれまでは産休開始と同時に保育園見学に行けば大丈夫そうです。

11月、12月生まれあたりからは産休前に保活を始めないと厳しいです。

申し込みが12月なので、産褥期に見学に行くことは難しいためです。

1月、2月、3月生まれは低月齢のため、残念ながら4月入園が困難な場合が多いです。

無認可の場合

随時受付で先着順なことも多いですから、認可保育所の入所が厳しそうであれば早めに見学に行っておくことをオススメします。

いざ認可保育所に落ちたという段階で慌てて見学に行き始めても既に枠が埋まってしまっていることもあります。

実際に保育園の見学に行こう!見ておくポイントは?

保護者への負担

○園から自宅までの距離、移動手段や所要時間
○駐輪場や駐車スペースがあるか
○保育時間、延長保育(急な残業が発生した場合の対応はどうか)
○慣らし保育のスケジュール
○保育料金(給食・オムツ・ミルクなどの費用が別途かかる場合も)
○用意が必要な寝具があるのか
○オムツの扱い(持参か、園が用意しているか使用済紙オムツの持ち帰りをお願いする園もあり)
○家から持参するものは何か
○保護者が参加するイベントの種類(遠足や発表会など、イベントの数)
○呼び出しの基準

子どもに対する保育の内容

○外遊びの頻度や遊び方(外の公園に遊びに行く、園庭で過ごすなど)
○英語やリトミックなどの特殊な教育の有無
○食事の方針(調理室があるか、外注か。アレルギー食への対応など)
○母乳持参の扱い(園によって持参可否が分かれる)
○施設の設備(安全で清潔な環境か?どんな玩具や絵本があるか)
○先生、事務員の対応(挨拶ができるか、明るいか)
○服装のルール(スカートやフード禁止など)

まとめ

地域差もありますが、早めに動くことが大切な保活!
ご自身の体調等考慮した上で、無理のない範囲で活動しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です